本文へ移動

耐震工事

耐震改修工事の流れ

【対象住宅】
 昭和56年5月31日以前に建築された木造住宅

 
①耐震診断
 住宅の所有者が市町村の受付窓口へ申し込み
 自己負担額は、無料です。
 

 
②耐震改修計画作成費用(精密診断・有料)
 1棟あたり 205,000円まで(耐震改修計画作成にかかる費用の3分の2を上限とします)
耐震診断の結果、倒壊する恐れがあると診断された住宅(評点が1.0未満)を所定の基準以上の住宅(評点が1.0以上)にする耐震改修設計を専用のソフトで精密診断して補助を行ないます。また、床下や、天井裏などにも実際に入れるところには入って、きちんと柱や筋交いが入っているかどうかを目視で確認していきます。
 
 

 
③耐震改修工事費用
 1棟あたり 1,100,000円まで(個人が申請する場合に限ります)
 
高知市の補助金合計額は、130万5千円
 
◆香美市の場合、20万5千円(計画作成費用)+150万円(改修工事費用)=170万5千円
 
◆土佐市の場合、32万4千円(計画作成費用)+125万円(改修工事費用)=157万4千円

 
耐震工事では、筋交いや構造用合板による壁の補強、柱や土台の接合部への金物の取付け、基礎の補強などを行なっていきます。施工中は設計図の通りの施工が出来ているかを写真に撮っていきます。
 

 
当社では、耐震診断・耐震設計・耐震施工を一貫して行なっております。補助金の申請もおまかせください。
株式会社土佐ハイム
〒780-0965
高知県高知市福井町1428番地33
TEL.088-875-8850
FAX.088-854-8851
・新築
・リフォーム・リノベーション
・設計・施工
・不動産
TOPへ戻る